ブライダルフェアとは?気になる式場で試食&試着が出来ます

ブライダルフェアとは?気になる式場で試食&試着が出来ます

結婚式の式場を決めるためには、どの式場でどのような式が行えるの?食事は?などが気になりますよね。
そこで、その式場で実際にどのような挙式がおこなわれるのか体験できるのがブライダルフェアです。

プランナーから話を聞くだけではなく、実際に式の雰囲気を体験することが出来ます。

ブライダルフェアとは式場見学です

ブライダルフェアというのは、説明会という意味も含みますが、簡単に言うと、式場見学・模擬挙式見学がメインになります。

自分たちがイメージする結婚式がこの式場で叶えることが出来るかどうかを判断する参加型のイベントです。
式場によってはたくさんの部屋があったり、食事のプランがあったり、ドレスも様々。

実際に理想にどれだけ近いかを判断するのがブライダルフェアです。

ブライダルフェアの種類

ブライダルフェアで行うイベントは大きく分けて2つあります。

  • 式場見学会・相談会
  • 模擬挙式・演出・ドレス試着・試食会

これらがおこなわれます。

式場見学会・相談会

実際の挙式会場や披露宴の会場を見学できます。
式場により様々な創意工夫がされていますので、しっかり確認して、やってみたいことがあれば遠慮なくプランナーさんに相談しましょう。

とくに式場の雰囲気(広い、モダン、ナチュラル)など様々なテーマに合わせた会場が多いので、イメージに近いかどうかしっかり確認しましょう。
相談会では個室で実際のウェディングプランナーと料金や演出に関して様々な相談が出来ます。

料金がやはり気になる部分かと思いますので、話をしっかりと聞きましょう。

模擬挙式・演出・ドレス試着・試食会

ここが最も大切な部分かと思います。

ホテルの方たちが実際に新郎新婦として模擬挙式を行ってくれます。
挙式の一連の流れを招待客側の目線からすべて見ることが出来ます。

時間は本番さながらの挙式になりますのでだいたい2時間~3時間位は見ておいたほうが良いのです。
ここで挙式を行うとこうなるんだというのが目で見れるので最もイメージが付きやすいと思います。

そして、模擬挙式の案内中で試食メニューも運ばれてくる会場もあります。
本番で出てくるのと同じメニューを実際に食べることが出来るので、豪華な食事やデザートの味をしっかり体験できます。
子供がいる場合のメニューについてや、アレルギーが有る人向けのメニューなども確認することが出来ます。

また、演出体験も行えます。
これは会場によっては演出体験という別ブースを設ける所もありますし、模擬挙式に一緒に取り入れる所もあります。
照明や音響を使った、披露宴での演出を体験することが出来ます。

挙式の後にプランナーと話す際に、余興についての相談もできますので、演出を見れるというのは余興の参考になると思います。
また、式場によってはドレスの試着もそのまま行える会場があります。
イベント参加後に気に入ったウェディングドレスやカラードレスがあれば合わせてみることが出来ます。

ウェディングドレスも、Aライン、プリンセスライン、マーメイドラインなど、様々な形があります。
流行りのデザインなどはやはり専門のコーディネーターさんに聞くのが一番です。
選べるドレスの種類やレンタル料は、結婚式場によって実は結構差がありますので、そこを確認する意味でもドレス合わせは良いと思います。

ちなみに余談ですが、新郎の衣装は正直どこでも大差はないかと思います。だいたい定番のデザインが多いですね。
衣装に関してはよほど妥協できないという特別なこだわりがない限り、新婦の意見を99%優先してあげて良いと思います。

演出に関しても、バルーンリリースやキャンドルサービスなどが多いかと思います。
ですが、新郎新婦がその場で何かを披露する演出やコックに扮して料理を運んでくる演出などもありました。

最近ですと、披露宴会場内でのプロジェクションマッピングなど、多種多様な演出が増えています。
ドレス同様に流行や最新の演出をしっかり確認でき、さらに自分の目で見れるというのは良いと思います。

筆者の体験より|ブライダルフェアはあまり多く行きすぎないほうが良い

これは自分の経験で賛否あると思いますが、ブライダルフェアはあまり多くの会場にいかないほうが良いと思っています。

何故か?

それは、迷うからです!

結婚式のイベントはどこの式場でも素敵です。
それぞれ工夫がほどこされ、どこも魅力的に思えてくると思います。

それだけに、あまりフェアに行き過ぎると迷ってしまいます。
あれもいい、これもいい、でももっといいところないだろうか・・等。

一生の記念なので、妥協したくないのもわかりますが、そこであまり迷いすぎてしまうと時間と体力削られます。
これが出来る会場じゃないとNGというより、この会場で出来る最大限のおもてなしをしたいと考えても良いと思います。

自分がポイントにしたのは以下です。

  • 招待客が通いやすいか?
  • 遠方からの親戚が宿泊できるか?
  • 余興が出来るか

です。

招待客が通いやすいか

これは結構ポイントでした。
自分たちが最優先なのもわかりますが、出来れば駅から歩いて近いところを探しました。
来てくれる人たちが式場に来る前に疲れないように。また天候で雨や雪などになると、それだけでテンション下がりますよね。

なので、できるだけ外を歩かなくても良い式場にしました。
ちなみに2次会もホテルから歩いていける会場にしました。

近くに大型ショッピングモールも有り、2次会までの時間つぶしも出来る場所にしました。

駅からも近くて会場からも近い。参加者も自分たちも負担が少ない挙式を考えました。

遠方からの親戚が宿泊できるか?

親戚が遠方のため、レストランではなくホテルで考えました。
うまく空いている日を利用し、宿泊ができるかどうかを確認しました。

年齢的に長距離歩くのが厳しい人も居ますので、ドアtoドアで元気に式場に来てもらうことを考えました。

余興が出来るか

これは自分都合ですが、サプライズでバンドによる生ライブをやりました。
そのため、音響設備が整っている会場というのが絶対条件でした。

ただ、その点に関しては奥さんがいる前では聞けませんので、さり気なく楽器なんて弾けるんですか~くらいにリサーチしました。
すると、過去にこういう人がいましたよとか教えてくれたり、後日電話で細かく聞いたりシました。

結婚式場は1会場の見学で即決しました

上記のことから、1つ目に見学した会場がすべて叶っていると思ったので、即決しました。
他にも見ようかと思ったのですが、それほどびっくりするくらい大差はないだろうと考えたためです。

あと案内してくれたプランナーが、職場の後輩の友達ということもあり、年齢も近くとっても話しやすかったためです。
プランナーさんとの相性というのも重要かと思います。

結婚式は自分たちだけではなく参加者のことも考えよう

結婚式は自分たちがもちろん主役です。

ですが、招待する人のことも考えましょう
遠方から来てくれる人や体の不自由な人がいる場合は交通の便が良いところにするなど、相手のことも考えてあげると良いです。
そうすることにより、相手も疲れた~とかなく良い思い出となり、心からお祝いしてくれると思います。

相手を第一に考える必要は有りませんが、自分たちだけのことを考えて自己満足になるような挙式にはならないようにしましょう。

ブライダルフェアの参加は必ず予約しましょう

ブライダルフェアの参加の際には予約が必要かどうかしっかり確認しましょう。

当日参加が可能なケースもあると思いますが、会場としてもプランナーの人数、料理の数も考えないといけませんし、飛び込みだと予約がいっぱいということもあります。
個別に担当がついてもらうことも考えると事前にしっかり予約はしておきましょう。

また、予約については以下のポイントを抑えておくと良いと思います。

ブライダルフェアの参加特典やプレゼントをチェック!

ブライダルフェアに参加すると、記念品やプレゼント、その場で契約すれば割引等のサービスを受けることが可能な場合があります。

予約せず参加してしまうと、プレゼントがない、個別の打ち合わせができない、料理が満足に食べれない、特典がないなどの可能性もあります。
特に人気の会場だと1ヶ月以上前から予約が埋まってしまう場合があるので、気になったところがアレば迷うくらいなら参加してみましょう。

時間は土日の午前中がオススメ

平日は難しい人が多いと思いますので、土日の参加がブライダルフェアの場合は多いと思います。

予約の時間もポイントです。楽なのは、土曜日の午後~夕方にかけてだと思いますが、会場のスタッフの人数やシフト、体力も考えると朝の早い時間のほうが余裕がある場合が多いです。
仕事とはいえ、時間が経ってからよりも出社してすぐのほうが誰でも元気ですよねw

また、朝の早い時間ですと時間にも余裕があるので、しっかりとプランナーと話すことが出来たり、おもてなしを丁寧に受けることが出来る可能性が高くなります。

そのため、朝のすっきりした早い時間に終わらせるのが良いと思います。
午後になると自分たちもちょっとだるくなってしまいますからね。頭の冴えているAMがおすすめです。

お昼ごはんを食べに行くくらいの気持ちで参加してみると良いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください