ブログ(URL)のドメインパワーを確認する方法!そして強くする方法

昔のGoogleにはページランクと呼ばれるスコアがありました。
10段階のスコアになっていて、シンプルでわかりやすかったんですよね。

このスコアが良いほど、検索上位表示されやすくスコアが上がるために喜んだものです。
しかし、Googleからページランクは表向きには確認できなくなってしまいました。

ですが、ページランク(ドメインパワー)は今でも存在しており、ドメインパワーが良いほど検索結果で上位表示されやすいと考えられてると思います。

自身のブログのドメインパワーを調べるにはページランクの指標がなくなった今どうやって確認するのか記載します。

ドメインパワーを確認するにはAhrefsがおすすめ

自身のサイトや競合となるサイトのドメインパワーを確認するにはAhrefsがおすすめです。
ドメイン評価の指標やページ単位での指標を数値で出してくれます。

1~100点の結果で出してくれ、スコアが高いほどドメインパワーが高いということです。
自分のサイトを調べて見るとこのようなスコアになりました。

自分のブログのAhrefsスコア

サイトのスコアが高いかどうかは、目的とするキーワードで上位表示されるサイトを調べてみると参考になると思います。
おまけでAppleのサイトを入れてみましたが、素晴らしいスコアですねw

AppleのAhrefsのスコア
みやび
さすがAppleです♪

DRとURというスコアに注目しましょう

ドメインパワーを知るために確認してほしいのが「DR」というスコアです。
これはドメインレーティングと呼ばれており、このDRの数値が高いほどドメインパワーが高いことを表しています。

DRは被リンクの量や質を元に算出されていると言われています。

DR(ドメインレーティング)のスコアをアップするためには

ドメインパワーを上げるためには、良質な被リンクを増やすというのが1つの方法として考えられます。
機械的に大量にはられるようなスパム扱いされる危険のある被リンクはもちろんNGです。

みやび
下手したら自分のサイトがペナルティを受けます
みな@37
そうなの??
みやび
機械操作されたような不自然な被リンクでGoogle先生をごまかすことは出来ないと思っていたほうが良いんじゃないかな
みな@37
なるほど・・・・・ズルはダメってことね

 

関連性のないページやドメインパワーの低いページからの被リンクは下手すると逆効果になる可能性もあります。


サイト自体がきちんと運用されていて、自身のサイトに近い内容の良質なサイトからの被リンクがベストです。
DRが高いサイトからの被リンクだとなお良いですね。

ちなみに新規ドメインの場合は、DRがあたりまえですが1からスタートします。

時間をかけて被リンクを増やすことにより少しずつDRが上がってくると思います。

競合サイトのドメインパワーを調べてみよう

競合サイトのドメインパワーを調べるには、同じくAhrefsのキーワードエクスプローラーという機能を使うと簡単に確認が出来ます。

例として「メガネ」というキーワードで検索してみたのですが、検索結果で上位表示されるサイトとそのページに関するスコアも表示されます。

キーワードエクスプローラーでドメインパワーを調査してみた

各サイトのDR、UR、被リンクなども確認することが出来ます。
あまりにも競合が強すぎるからキーワードを見直そう等、記事を書く際の参考になると思います。

ドメインパワーは時間をかけてしっかりと上げていこう

早くサイトを強くしたいという気持ちはもちろんわかります。

ですが、ドメインパワーは長い時間と良質なコンテンツを積み重ねることにより上がっていきます。

  • 質の良いブログコンテンツを作る
  • 関連性のあり、さらにスコアの良いサイトから被リンクをもらう

この2つを意識してサイト運営を行なっていけば、時間はかかりますがドメインパワーが上がってくると思います。
自分のサイトも中古ドメインを使っているので、スタート時から上記のドメインパワーがありますが、もっと挙げれるように頑張ろうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください