DV夫が謝罪するために家に来ました|許すか許さないか|言い分が自分勝手すぎた話

DV夫が謝罪するために家に来ました|許すか許さないか|言い分が自分勝手すぎた話

先日土日のこと、前回の記事で離婚へと進めたい妹の考えとは逆にDV夫がスーツ着て実家に来ました。
朝から来たそうで、洗濯や掃除が終わってないから出直してほしいと言い、昼くらいに来ることになったそうです。

そこで我が家も召喚されることになり実家に行ってきました。

話し合いは、DV夫・義妹(妹)・妹母・みやび(自分)・みやび妻で話すことになりました。
DV夫的には結構アウェイな感じになってしまいました。
前回も書きましたが、親を連れてくるのを拒否したのは自分なので、それは自業自得かなと思います。

そして妹は離婚に向けて進めたいとの意思は変わらないので、念の為こっそり録音もしておきました。

離婚に向けての話し合いが始まったような気がする話が始まりました

まず両者の言い分としては

妹:もう別れたい
DV夫:もう1回やり直したい

と相反する内容でした。この時点で向いてる方向が間逆なので、これは長引きそうだなと思いました。

ただ、今回は柔道をやっている夫が感情に任せて妻に暴力を振るった、しかも外でというところで恥もかいたし、怪我もした。
子供にもそうとうな恐怖を植え付けた。
それで戻ってこいというのは無理、DV夫との幸せな将来はイメージができない、子供のためにも別れてほしいという言い分です。

そこで、少しだけ2人の会話を自分は黙って聞いてました。

すると「あのときは、あーだった」「ソレを言うなら、お前こそあのときは・・・」「だったらなんでそのときに・・・」的な。

みやび
まぁ、レベルの低い過去の文句ばっかり。
これは終わらんなと思ったので、自分で話を切りました。

そのレベルの話は、2人だけの喧嘩で家で解決できる内容で行うべきことであって、離婚するかしないかで話す内容じゃない。
お互い揚げ足取る会話ばっかり、悪口ばっかりだから話が進まないから終わり!って言って切りました。

DV夫の今後予想される末路

これは今の時点では確定はしておらず自分の推測です。

まずDVというのが今の御時世非常にマズイ。さらに過去にもそれと似たようなことが多々あったらしいということも初めて聞いた。
DV夫としては、カウンセリングに行こうと思ってると言っているが、妹としては自分の将来のために行くのは勝手だけど私達の夫婦関係には関係ない。
勝手にすればという感じ。
何をしようと、私達の関係はもう終わりという感じです。

DV夫もまだ諦めてないのか、「それって別れたいってこと?」「さっきからそうだって言ってるじゃん」という会話が少し続き。

その後は子供の話になり。

DV夫的には子供には、たまにでいいから会わせてほしいと。
でも、妹としてはDVというのがあるし、感情に任せて何をするかわからない。
合わせると変に子供を洗脳して連れて帰るんじゃないかという恐怖がある。
だから正直迷ってると。

ただ、そこはDV夫も「父親なんだから権利はあるはずだ」と言い出しました

その時点では言わなかったけど(言えば良かった)、父親としての権利を主張するなら父親としての義務(慰謝料・養育費)ちゃんと払うんだろうね?と聞けばよかった。
まぁ、それは次の機会に聞いてみようと思います。

妹との電話では、離婚するなら金は一切払わないと言ってるようなので。

マイホームも買ってしまっているのに、これからどうするんでしょう。
まだ3年くらいしか経ってません。


仮に3000万で買った家が2000万で売れたとしても残りの1000万は払い続けないといけないのかなと思うと悲惨ですね。
それにプラスで養育費や慰謝料と。

感情に任せて後先考えない行為を行うとこうなるんだなという悪い例を見せられて、ほんと疲れます。

子供に会う権利を一方的に主張してくるDV夫

DVして、出てけと言って、別れるなら慰謝料も養育費も払わねーぞと怒鳴る。

でも本当に妹が帰ってこない、そしてクールダウンして謝りに来たと思ったら、俺は父親なんだから別れても子供と会う権利はあると。
それは流石に無理な話ですよね。

みやび
アタマオカシイんですか、あなたは・・って思いました。

まぁ会う権利はあると思います。父親なんだし。
でも、会わせる権利があるかというとそれはまた別な問題だと思うんですよね。

浮気とかじゃなくてDVですからね。

おそらく財産を半分慰謝料としてもらって養育費も払うことをすんなり約束すれば、月に1回位場所の制限付きで会えるんじゃないかな?という気がしてます。
それも車を使う場所は禁止で、近所の公園レベルじゃないのかなと。。。

DV夫の自己中な人間の末路はおそらくこんな感じで終わるのではないかと思います
妹が結婚して7年近く経ちますが、まともに挨拶もしないし会話もしたことなく、やっとまともに喋ったと思えばこんな舞台なのが残念ですが、自分のまいた種。

今はイーブンの状態ではなく、DV夫がマイナスの状態です。
そこで慰謝料や養育費を妹の条件通り対応することによって初めてイーブンの状態になり、子供に会わせてよいか検討することが出来る状態です。
慰謝料と養育費を払うから会えると勘違いされたら困るので、そのへんは次に自分の方から言おうと思います。

まずイーブンにして初めて検討する価値がある。その条件を飲まない時点で検討する価値もないということがわかってないようなので。

離婚は非常に疲れます

もちろん当事者たちが一番大変だと思いますが、巻き込まれる周りも疲れます。
自分は目を閉じると別れたあとの妹が思い浮かんできて、なかなか熟睡できない日が続いています。

もう離婚に向けて話は進むだろうから、はやくスッキリ終わらせてほしいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください