初心者にオススメ!LUMIXのミラーレス一眼レフGX7MK2 の実機レビュー

ルミックスGX7MK2を買ってみた

パナソニックのミラーレス一眼レフカメラLUMIXのGX7MK2を買ってみました。
今まではCanonのKiss X4を使っていたのですが、発売が確か2010年頃なので、もう10年落ち。

そろそろ新しいのがほしいなと思ったので思い切って買い替え。
レンズも標準ズームではなく、新しく明るいレンズに変えてみました。

まずは機材紹介から実際に使ってみたレビューやKiss X4との比較を書いてみようと思います。

この記事はGX7MK2の細かい機能説明というよりは初めての方向けの内容で書いてます。
機能は自分もまだ実験中なので、細かい詳細はまた後日書きます。

自分が揃えたLUMIX GX7MK2 の構成(本体・レンズ)

GX7MK2を買う場合、標準レンズは【1:3.5-5.6 12-32】の標準ズームです。

しかし、今回自分は「明るいズームレンズ」がほしかったのです!
会社にカメラやってる人がいるので、色々教えてもらって最終的に決まったレンズがこれです

【ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 II】です。

これにしました。
ただ、本体はLUMIXでレンズはOLYMPUSなので、互換性がありません。
そこで間にマウントアダプターを1つ挟み込んでこのレンズをセットしています。
明るいレンズなので、少し重いですw

口コミなどを見てもこのレンズは少し古めのレンズですが、未だに愛用者も多いレンズです。
なんと言ってもF2.8からのズームというのが珍しい(嬉しい)。

最大ズームでもF3.5からです。これだけでも非常に明るい写真が取れる(はず)です。
キッドレンズの大体は、F3.5から始まるレンズがおおいですよね。

夜の蛍光灯の光で撮影した写真です。全く加工はしていません。
なかなかシャープで良い感じじゃないかなと思います。

あとは夜景などにぴったりな単焦点F1.7くらいのレンズがほしいですね♪

初心者におすすめの機能が盛り沢山

初心者に優しいカメラ GX7MK2

このカメラの素晴らしいところは、価格が安いのにも関わらず機能が非常に豊富で初心者にとてもオススメという点です。
ピントの合うフォーカス位置をあとから変えることが出来る「フォーカス合成」、1秒に30枚の連射が可能な4Kphotoモードなどがついています。

一眼レフカメラのデビュー機としての初心者の人はもちろん、上級者にもオススメの万能カメラと呼ばれているようです。

それではKiss X4との比較になりますが、この10年間の進化を書いていこうと思います。

ファインダーが付属されている

Kiss X4はミラーレスではないので、ライブビューを使うとオートフォーカスがかなり遅くなります。
コントラスト方式と位相差方式というのがあるのですが、興味のある方がググってみてくださいw

 

みやび

「ごついタイプの一眼レフはライブビュー使うと遅い機種もあるよね」
くらいな感じで最初は良いと思いますよ。自分も理由を説明しろと言われてもちゃんと出来ないのでw

 

ミラーレスの場合はシャッター速度が変わらないので、ファインダーはおそらく使わないと思いますが、ついているのは嬉しいですね。
ただ、GX7MK2の液晶モニターは実際に撮影した写真よりも少し明るさとコントラストが高いような気がしました(設定で直るのかな?)

液晶がタッチパネルで、全ての設定がボタン1つで行える

液晶がタッチパネルになっています。
今のミラーレスは当たり前かもしれませんが、10年前の一眼ユーザーの自分としては画期的でしたw

さらにGX7MK2は、Fn2のボタンをタップすると液晶の上下にメニューが全部表示されて、撮影に関する一通りの機能設定がすぐできます。

これは嬉しいですね。1つのボタンで完結させる。
とても優れたUIを持っていると思います。

さらに液晶に水平線が出てくれるので(今は普通なのかなw)真っ直ぐに合わせることがとっても簡単。

みやび
自分の知識が10年前で止まってるので、今更かよ!ってことも書いてるかもしれません・・・。

画面見ながらボタン1つで撮影前の設定が全部できちゃうなんて画期的~と思いながらいじってました。

なぜかMモード(マニュアルモード)でもオートフォーカスが合う

マニュアルモードというとどんなイメージがありますか?

みやび
全部自分でやらないといけない。本格的にカメラやらない自分には縁がないモード

これが僕のイメージです。

ところがGX7MK2はMモードにしてもオートフォーカスが効いてくれます(もちろんレンズがAF対応じゃないと駄目ですよ)

さらにMモード用のピントアシストもあるので、ほとんどAやPと同じような感覚で使うことが出来ます。
デメリットとしては瞳AFが効かなくなるってことくらいじゃないかなと思います。

10年前とは比べ物にならない進化を遂げている一眼レフカメラ

約10年前のモデルを今まで使ってましたけど、カメラの進歩は素晴らしい。
こんなに簡単になってるんだと思いました。

ただ、誰でも簡単にできるようになってしまったことにより技術の差が明確に出やすくもなったかなと思います。
コンデジ感覚で使えるからこそセンスが大切。

そんなことを感じながら今日もGX7MK2で遊んでます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください