結婚後の夫婦生活で生活費はどのくらいかかるの?節約のポイント!

結婚後の夫婦生活で生活費はどのくらいかかるの?節約のポイント!

夫婦生活とは、これまで同棲していた人も一味違う生活となります。
生計を共にしていくわけです。

カップルだった頃の個人のお金を自由に使っていた頃とは違うのです。

新婚生活は楽しみもあると思いますが、不安もあると思います。
その不安の中で最も大きいのがお金ではないでしょうか。

  • 実家暮らしだったから生活費がどの程度かかるか全くわからない
  • 自分のお金のことしか管理してないからどうなるの
  • どのくらいの費用が相場なのかわからない

少しでも参考になれば思い、新婚生活後に生活費についてどのくらいかかるか、節約できることはないのかについてまとめてみます。

新婚生活の生活費ってどのくらいかかるの?

毎月どの程度の費用がかかってくるのか見てみましょう。

内訳 金額(平均)
住居費 8万円
食費 4万円
光熱費・通信費 3万円
保険料 2万円
交際費・趣味・レジャー費 3万円

最低限の費用としてこのくらいは発生すると思っていて良いと思います。

暑い地域ではエアコン、寒い地域ではストーブで季節ごとに光熱費も大きく変わります。

お金の管理は夫婦別?それとも一緒?

お金については、基本的には旦那の給料でやりくりできるレベルで考えるのが良いでしょう。

奥さんの収入もあてにする生活レベルにしてしまうと、今後妊娠~出産などで奥さんが働けなくなったときに苦しくなります。
そのため、奥さんの収入は貯金に回し、基本的には旦那の給料でやりくりすることを考えましょう。

そのため、オススメなのは別々に管理しつつもお互い把握してる状態が良いです。
別々と言ってもお互いの懐具合を知らないという意味ではなく、把握はしているが別管理。

なので、大きな財布1つと考え、財布の中で仕分けするイメージが良いと思います。

新婚生活が始まったら固定費の見直しと貯蓄を考えよう

新婚生活が始まったら、全てにおいて料金が上がります。光熱費も通信費も2人分です。
そのため、今まで気にしていなかった固定費の見直しや貯蓄についても考えていきましょう。

固定費の見直し

通信費の見直しを行ってみる

固定費の見直しで最も簡単なのが、通信費です。

携帯電話で今はいくらかかっていますか?ちなみに我が家は2人合わせて6000円でお釣りがでるくらいです。
auのキャリア携帯を使っています。

もっと下げるために交換時期になったら格安SIMに変えようかと検討しています。

auのキャリア携帯でなぜ2人で6000円で収まるのかというと、機種代がタダのタイミングを狙って買ったからです。
契約時に機種代も分割していしまうと今の携帯電話は10万円超えするものも多いため、毎月の負担が増えます。
ある意味ローン(借金)です。

それが嫌だったので、常にTwitterやお店のキャンペーンを調べて本体がタダで手に入るタイミングを待ちました
そしてiPhone8がタダになるタイミングがあったので、夫婦まとめて契約し、2台分が無料でゲット。さらに商品券も4万円分もらうという変更が出来ました。
機種代の分割が無いので、1人あたり2980円で収まっています。

ネットのプロバイダもキャンペーン等をうまく利用し同時に変更しました。ですが、光回線の値段は正直どこも大した変わりません。
最初の数ヶ月は安い所もありますが、結局の所どこにしても大差はないのではと思います。
5800円ほどの金額になります。携帯と合計すると12000円位でしょうか。

もう少しで2年縛りが終わるので、格安SIMに変えて10000円以下に収めようと思っています。

保険の見直しを行ってみる

結婚したあとは保険は入ったほうが良いと思います。
人生いつ何があるかわからないからです。ですが、生活を苦しくしてまで保険料を払うのも馬鹿らしいので、無理せず払える保険にしましょう。

今はネット保険や道民共済・県民共済のような保険もあります。
保証もしっかりしており、料金も非常にリーズナブルです。掛け捨てではありますが、毎月の負担が非常に少ないので検討してみても良いでしょう。

光熱費の見直しを行ってみる

賃貸の場合はガスは変えることが出来ません。例えばLPガスを都市ガスに変えるとかそういう変更は出来ないので、ガスは諦めましょう
使用する温度を1度下げるとかでも結構変わりますので、その辺りの節約でしょうか。

ですが、電気に関しては電力の自由化により好きな電気会社を選ぶことが出来るようになりました。

自分はLOOOP電気を利用しています。LOOOP電気の良いところは電気の基本使用量500円が無料ということです。
つまり普段と同じ使い方をしても年間で6000円節約できるのです。主電源を抜くとかコンセントを抜くという数円になるかならないかの節約よりも非常に効果があります。

切り替えは申し込んでしまえば、あとは電力会社同士で勝手にやってくれますので、家に業者が来るとかは一切ありません

通信費・保険・光熱費の固定費については最初に確認しておきましょう

固定費を減らすことが出来れば、それはずっと続きます。
最初の申し込み手続き等が少し手間ですが、ずっと続くことですのでめんどくさがらずに調べて実施してみましょう。

月にしたら小さい金額かもしれませんが年間で考えると大きな節約に繋がります。

お金の管理にはマネーフォワードがオススメ

毎月のお金の流れを見るために、今はネット家計簿ソフトも沢山あります。

その中で自分も利用しているマネーフォワードがおすすめです。
ネット銀行や都市銀行など多くの銀行と連携ができ、投資信託やクレジットカードとも連携が簡単です。
トータル収入や支出がひと目で分かりますので、ネット講座を1つ1つチェックしなくても増えてるか減ってるかをひと目で確認できます。

すべての口座を連携せず、あえて貯金専用の口座は連携していません。
毎月自動的に20000円ずつ積み立てている口座があるのですが、その銀行口座はマネーフォワードに入れていません。
自動的に積み立てている分を差し引いても全体の預金額を増やすことを目標にしています。

貯金専用口座は基本的に手を付けてないので、時々見ると「おぉ、こんなに入ってたんだ」と驚くのが楽しいです。

将来設計もしっかり行ってお金と上手に付き合いましょう

新婚夫婦は基本的に2人だと思いますが、やがては奥さんが妊娠となると共働きの場合仕事を離れることになります。
さらに子供が生まれるとかかるお金も一気に増えます。
将来のことも考え、お金を貯める、増やす。

場合によっては今の仕事で良いのか?もっと給料が良くてやりがいのある仕事もあるんじゃないのか?
まで考えても良いかもしれません。(無職になって転職するのは駄目ですよ。転職する場合は必ず決まってから、会社に言って辞めましょう。無職の期間はゼロ日にしてください)

結婚すると今までとは違った新しい生活が始まります。
旦那(奥さん)とも上手に付き合っていくのは当たり前ですが、お金とも上手に付き合っていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください