仕事で「指示」と「丸投げ」を勘違いするバカで痛い人

仕事で「指示」と「丸投げ」を勘違いするバカで痛い人

仕事は1人でやるものでは有りません。
チームで行うものですから、誰が何をやるという業務の分担は必ず発生します。

特に上司やマネージャーなどと呼ばれる立場の人は適材適所に人を配置し、業務を監督する立場です。
つまり指示をする人ということです。

しかし、会社の中には役職を持っているわけではなく、ちょっと先輩だからと言う理由だけで仕事を命令するヤツもいます。
まぁ、先輩なので100歩譲って指示するならまだ良いですが、丸投げを指示と勘違いする頭のおかしい先輩が居ます。

馬鹿な上司や先輩はナゼ丸投げをするのか?

答えは簡単です。

今までそういうことしかやってきたことがないので、丸投げしか出来ないのです。
言い方を変えると業務内容がわかってないから指示が出せないのです。

最終的には「こうしたい」というはかろうじてわかってますが、そこに行くために誰がどんなことをするのかがわからない。

だから適当な人に「こうしといて」と、指示に見せかけた丸投げをしてきます。

そういう人に限って「俺、指示出してるじゃん。俺、上のポジションじゃん」と勘違いする頭のおかしい上司や先輩という会社のガンになる人が発生します。
そして、ガンは広がってしまいますので、そのガンについていこうとするイエスマンに感染してしまいます。

負の歴史は受け継がれていくのです。

丸投げ上司の直属の部下も丸投げ野郎になります

上司に気に入られている丸投げ部下が先輩という給料に何も反映されないポジションに居たら最悪です。
実際に、先輩らしいことをなにかしたのか、なにかしているのかといえば全く何もしてません。

売上にも1円も貢献していまい事が多いです。

ECサイトを運営していて売上に1円も貢献しないリーダーって逆に恥ずかしいですよね。
顧客サポートもしないし、商品の準備もしないし、(まぁ、どっちもできないんですが)。

たまたま自分が知ってる業務があったときは誰かに丸投げするだけ。指示も1行で終わるような書き方で、誰が何をするのかという具体的な内容が有りません。
ナゼ無いのか?上にも書いたようにわからないし、1行で書くことが指示だと思っているからです。

上司がそれで業務を動かしている気でいるものだから、お気に入りの先輩的な人もそれを真似するわけです。
実際には、下の人達こそ、誰が何をするから君はこれをお願い、私はこれやるねみたいな本来上司と部下で行われるべき指示や共有を行っているわけです。

その間丸投げ人間たちは何が行われているのか全く知りません。

結果的に最初に丸投げした人から「終わりました」の報告だけ受けて、「俺の指示は的確だった」と満足に浸るわけです。

指示と丸投げは全く違うものだと理解しましょう

わかっている人が言う丸投げと、知らない人が行う丸投げは全く違います。

わかってる人は全部任せるにしてもある程度的確に指示があった上ですべてを委ねてきます。
わからない人は、どう動けばよいか自分で考えて積極的に動いてみてくださいなどいかにもそれっぽいようなことを言い、職権乱用的に委ねてきます。

同じ丸投げでも、全く意味も違いますし、受け手側の気持ちやモチベーションも変わります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください