ブログやWebサイトのアクセスアップに中古ドメインを使う!購入編

中古ドメインの買い方

中古ドメインを使うと、早い段階でアクセスアップや上位表示が狙いやすくなります。
絶対に狙えるとは言いません。

なぜなら、ターゲットと想定するキーワードの競合があまりにも強すぎるサイトの場合、個人ではとても太刀打ちできないからです。

ですが、中古ドメインは新しく取得する新規ドメインよりも順位やインデックスの面では効果が期待できます。
今回は中古ドメインを取得する方法を書いてみようと思います。

中古ドメインの取得方法は2つ!自分で買うか業者から買うか!

中古ドメインを購入する方法は個人で調べて買うか業者から買うかの2択です。

それ以外には無いと思います。(あったら教えて下さい)

それぞれのやり方~メリット・デメリットを書いていきましょう

中古ドメインの購入!自分で買う!

中古ドメイン(期限切れのドメイン)を探してきて、見つけたらそれをonamae.comやバリュードメインなどのレジストラで普通に購入する方法です。

では、どうやって中古ドメインを自分で探すのか。

無料ツールで中古ドメインを探す

1つ目が以下のサイトを使います。
Expired Domains.net

期限切れのドメインが探せますexpireddomains.net

このサイトにログインすると、下記(.comを例としてますが)たくさんのドメインが出てきます。
さらに、フィルターを使い条件を絞ることにより高品質のドメインを探すこともできます。

フィルターを掛けて中古ドメインを探せます

お好みのドメインが見つかったら全く同じドメインをonamae.comやバリュードメインで普通に買うだけです。
それで中古ドメインを入手することができます。

詳細な条件で検索もできます

自分で購入する中古ドメインのメリット

まず費用がかかりません。

通常の新規ドメインと同じ買い方なので、新規ドメインを購入する時と同じ費用しかかかりません。
非常に安く済ませることがができます。

自分で購入する中古ドメインのデメリット

これは色々あります。

  • 自分で取得したドメインが本当に優れているドメインなのかわからない。
  • 手動ペナルティを受けているかの事前確認ができない。そして、買ったはいいけどGoogleペナルティを受けていたら自分で解除する必要がある

特に手動ペナルティを受けていたドメインに関しては、Googleに解除申請を自分でやるしかないので、手間が発生します。
また、被リンク数をどのくらい受けているか、教育機関や政府機関など良質な被リンクは受けているのかなどを調べたければ有料ツールでの調査も必要となります。

中古ドメイン販売業者から購入する

これは自分で取得せず販売業者から購入する方法です。有名な業者を2点記載します。

中古ドメイン販売屋さん

中古ドメイン販売屋さん

中古ドメインの在庫数が非常に多いです。
独自のラッコランクというスコアを設けることにより、中古ドメインの品質を客観的に知ることができます。

さらに各種有料ツールのスコアも記載しているので、いろいろなドメインを見ているだけでも楽しいですね。
有料契約しなくてもスコアが見れるのは嬉しいですね


アクセス中古ドメイン

アクセス中古ドメイン

中古ドメイン販売屋さんに並ぶ豊富な在庫数を持っています。

こちらは、パワーランクというドメインパワーを表す独自の指標を持ち、ブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナの4段階にジャンル分けもしています。

 

みやび

パット見たところのUIに関しては、アクセス中古ドメインのほうが使いやすいかなという印象です。

ですが、商品数や知名度という意味では中古ドメイン販売屋さんのほうが上なのかな?という気がしました。

 

中古ドメイン販売業者から購入するメリット

事前に手動ペナルティチェックを行ってくれているので、自分で買うときのようにハラハラしながらサーチコンソールを見なくてもよい。
返金保証やまとめ割などもついていますので、初めての方でも安心です。

中古ドメイン販売業者から購入するデメリット

これはメリットの、逆になります。
業者を間に挟むので、金額は高くなります。

特に各サイトが独自に設定しているランクが高いほどドメインの値段も高くなります。
10万円を超えるドメインも珍しくはありません。

自分で運良く高パワーのドメインがゲットできれば1000円程度の購入費ですが、業者を通すと数万円になります。

ですが、時間を大幅に節約できることやペナルティ・返金の面からも考えて安心できると言えます。
時間と安心をお金で買う感じでしょうか。

中古ドメインの買い方まとめ

自分で買う方法と業者から買う方法をまとめてみました。

どちらもメリットデメリットがあるので、良いか悪いかというのは言いにくい部分があります。
知識があるのでしたら自分で探しても良いですし、自身がなければまずは業者から買うでも良いと思います。

それぞれの購入方法のメリット・デメリットをしっかり理解した上で良い中古ドメインを手に入れてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください