DV夫との離婚調停を控えた妹が最近変わった

離婚調停を控え妹が変わったと思う

来週にはいよいよDV夫と義妹(妹)の第1回目離婚調停が始まります。
別居して2ヶ月位立ちましたが、会うと

あれ?昔に比べて変わった?

と思うことがあります。

モラハラという洗脳から徐々に開放された妹の変化

一番変わったのが表情が柔らかくなってよく笑うようになった。

結婚してた頃は、久々に会ったりするとどことなくよそよそしかったり、少しツンとした感じがあった。
結婚前はそんな事なかったかわいい妹だと思ってたんですが、結婚して変わったなぁと思ってました。

なんか話しづらくなったと言うか、棘があるというか、オーラが冷たくなったと言うか。

それが2ヶ月別居して変わったと言うかもとに戻った感じがします。

笑顔がもとに戻った

一番は笑うようになったこと、声のトーンが上がったことですね。

それは明らかに違うと感じます。
でも、それは逆に言うとそう感じるほどDV夫に洗脳されていたということを表しています。

DV夫の洗脳パワー(モラハラパワー)恐るべしです。

結婚前に戻りましたね。

子供も明るくなった

子どもたちもどことなく明るくなった気がします。
やっぱりお母さんが元気で笑顔だと子供も笑顔になるんですかね。

元気に明るく遊んですようです。

ただ、面白くないことが有ると癇癪起こすところはDV夫の遺伝子を受け継いでいるので、そこはこれから直していかなと行けないところです。
まもなく小学生、幼稚園と入学・入園を控えていますが、そこは少し苦労しそうな気がします。

でもDV夫と近づかなければ大丈夫でしょう。

DV夫の話を笑いながらするようになった

家出当初は結構ドヨーンとしてましたが、もう吹っ切れたのかDV夫のモラハラ洗脳話を笑いながらするようになりました。

これは良い傾向じゃないかなと思います。
もう旦那だとは思ってなく、いかれた男と一緒に住んでしまったことに公開してるわ~的な笑い話になってきました。

過去の出来事も笑いながら話してくれるので、だいぶ吹っ切れたのは良い傾向だと思います。
ただ、義母が知らないこともたくさんあるので、それは自分と自分妻の前でだけ話してます。

調停が始まります

DV夫が言ってくることは想像つきます。

「子供に会わせてほしい、父親なんだからその権利がある」

です。ソレを理由に妹を逆に訴えてるくらいなので。

こちらとしては、

  • 一生会わせないとは言ってない
  • 今回のことに関して父親としてどうやってケジメを取るのか。まさか謝って終わりじゃないよね
  • 父親の権利を主張するなら、義務も果たせよ

というところを調停の際には話そうと思ってます、というか話なと伝えています。
素直に慰謝料払って、財産分与して、養育費払って、離婚してというのをスムーズに終えるなら子供と会う機会も出来るかもしれません。

ソレが無理なら無理なんでしょうね。

さて、どうなることやら。。。。。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください