WordPressのドメインを新しい中古ドメインに載せ替えました

WordPressのサイトを丸ごと引っ越したよ

WordPressの勉強として始めたブログですが、この度アドレスを引っ越し(載せ替え)しました。
経緯と手順を書いてみようと思います。

WordPressの引っ越しはやってみると意外と簡単でした。

ドメイン引っ越しを決めた理由

元々新規ドメインで始めたブログで2回ほどリニューアルしています。
そして、途中でこれはアカンという記事も数百消したり、色々勉強させてもらいました。

サーチコンソールを見ると、エラーが結構多いんですよね。
でもサイトが無いから問題のあるエラーじゃないんですけど、なんか新しくやり直してみたいなと思ったので。

新規ドメインを使わず今回は中古ドメインを使いました。

中古ドメインについては、最近こちらにも記事を書きました

ブログアクセスに効果が出る!中古ドメインのSEO効果を知る

良質な中古ドメインを探してきてAhrefsでDR(ドメインレーティング)も30ほどあるドメインをゲット。

Ahrefsでのランク
Ahrefsランクも、そこそこ良いドメインをゲットすることができました。

WordPressのURL引っ越しの準備

引っ越しを準備するに当たり、主な手順としては以下になるかなと思います。

  1. 新しいドメインの入手
  2. 新しいドメインにWordPressをインストール
  3. 古いサイトでnoindex設定を行い、データのエクスポート
  4. 新しいドメインにデータをインポートする
  5. 新しいドメインのアナリティクスやSearch Consoleなどの各種パラメーターの修正
  6. 確認できたら、古いサイトの削除

大まかに書いています。

今回は記事だけのエクスポートではなく、データベース含め旧サイトからそっくりまるごと移動させました。
URLが変わっただけであとは何も変わらない状態です。

みやび
手順は書くと長くなりますので、次の記事で書いていこうと思います。

WordPressのとっても便利なプラグインがありますので、それを使用するとすぐに終わります。
記事の量によりますが1時間はかからないんじゃないかなと思います。

AdSenseの審査は幸い1日で1発合格!!

移動してすぐにAdSenseの審査も出しました。

新しいサイトなので、当然AdSenseの審査も新たに出さないといけません
暫く掛かるかな~と思ってたのですが、幸運なことに夕方に審査だしたらその日の夜にはOKが来ました。

みやび
これはラッキーです。広告がすぐに表示されることも確認しました。

嬉しい誤算でしたよ

まとめ|WordPressのサイト引っ越しはそれほど難しくない

まだ手順書いてないから、なんとも言い切れませんが初めて行ったURL変更はそれほど手間ではなかったです。

サイトの引っ越しよりもむしろタグマネの再設定やアナリティクス・AdSense・ブログ村などの設定のほうが面倒でしたね。

次の記事では具体的にサイト引越しの手順を書いてこうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください