Wayback Machine(ウェイバックマシン)からサイトの履歴画像を削除する方法

archive.orgから履歴を消す方法

Wayback Machine(ウェイバックマシン)は中古ドメインを購入する際には非常に便利なサイトです。
そもそもWayback Machineとは何か?

百聞は一見にしかずなので、見てみるのが良いでしょう。

archive.org

みやび
そして出てきた検索窓に、自身のサイトURLを入れて検索してみてください。

すると・・・・。

自分のサイトのキャプチャが出てきませんか?しかもアクセスすると普通に見れる。

過去の運用歴の状態を見ることができるというサイトなのです。
中古ドメインを購入する際には、過去にアダルトサイトや違法サイトの運用歴の確認などを行うのにたいへん助かるサイトです。

ですが、ウェイバックマシンは勝手にサイトをキャプチャするので中には履歴を残してほしくない。
これからドメインを破棄する予定なので、黒歴史を残してほしくないという人もいると思います。

それではWayback Machine(ウェイバックマシン)から表示を消してみましょう。

Wayback Machine(ウェイバックマシン)から表示を消すにはメールで直セル連絡

方法はメールで直接連絡するしかありません。

メールの書き方例

まず送信先ですが、


info@archive.org,
wayback@archive.org

こちらの2箇所になります。
上記にサイトの履歴を削除してほしい旨を英語で書いて送ります。

Google翻訳でできる範囲で良いと思います。

特に難しいことを書く必要はありません。

ちなみに自分が書いた内容は

 

Hi.

My name is ○○○○○.
I live in japan.

Please delete my website

“https://消したいサイトのURL/”

from https://archive.org/.
Thank you for your time and assistance.

 

このように書いて送りました。

日本語訳としては、


こんにちは。
私の名前は○○です。
日本に住んでいます。

私のサイトhttps://消したいサイトのURL/をhttps://archive.org/から削除してもらえませんか。

お忙しい中とは思いますが、よろしくおねがいします。

という内容です。

みやび
(多分そのように伝わるはずw)

あとは早い人でしたら1日で消える人もいるようです。
何日くらいで消えるかわかりませんが、定期的にチェックしてみようと思います。

今後キャプチャされないようにするには?

このブログは過去のサイトからURLを載せ替えたブログなのですが、できればWayback Machineには載せたくないです。

なので、今後はクロールさせないように名指しで拒否する必要があります。

robots.txtにWayback Machineを名指しで拒否する記述を書く

All in One SEOを使っている人でしたらメニューの中にrobots.txtを触る項目があります。

Robots.txtを直接操作する

そこに、以下のような設定を追加します。

Wayback Machineを拒否する記述方法

エージェントを拒否する記述を書いてあげることにより、今後はクローラーが周ってこなくなります。

これで今後は載る心配がない・・・・はずです。
自分もまだ実験段階なので、しばらく様子は見てみようと思います。

複製や掘り起こしを防ぐためにも気になる人は削除しておこう

Wayback Machineは使う側としては便利なサイトですが、見られる側は結構気にする人もいると思います。

閉鎖したサイトなのに過去の情報を見られたり、削除した記事の過去の情報を探られたりなど・・・。

悪く使うとソースコードをうまく使って同様のサイトを複製することも不可能ではないと思いますので、気になる方は削除しておきましょう~。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください